物が売れる6つの要素

  • 退屈から解放されたい(例:カラオケ、映画、パチンコなど)
  • 寂しさを解消したい(例:電子メールと出会い系、携帯マーケットは寂しさ解放マーケット、バーやスナック通い)
  • 肉体的痛みから開放されたい(例:病院)
  • 健康喪失の恐れ(例:サプリメントの服用、ヨガ教室など)
  • 金銭的なストレス(例:投資、ギャンブルなど)
  • 虚しさ(例:自己啓発セミナーなど)

相手のニーズを解放してあげ、その気持ちを別の気持ちに切り替えることに成功できれば売れます。

自分の商品は、どの気持ちを切り替えることに焦点をあわせているのかを考えるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください